【介護職未経験】面接で実際に聞かれた7つの質問と回答例

悩んでいる人

介護職未経験の人は、採用面接でどんなことを聞かれるんでしょうか?

こんな疑問を解決します。

本 記 事 の 内 容

  • 実際に聞かれた7つの質問
  • 7つの質問に対する回答例
  • 面接で重視するべきポイント

本 記 事 の 信 頼 性

ぼ ん ち ゃ ん |@bonchaaaaan_

介護職未経験で採用面接を受ける人は、「何を聞かれるんだろう…」と不安に思うでしょう。

また、「未経験だから採用されないんじゃないか…」と思う人もいるでしょう。

私も面接を受けるまでとても不安でした

ぼんちゃん

本記事では、介護職未経験だった私が面接で実際に聞かれた7つ質問回答例を紹介します。

この記事を読むことで、ある程度の質問を想定できるため、面接対策に役立つでしょう。

実際に聞かれた7つの質問と回答例


私は複数の介護事業所で面接を受けました。

どこの施設でも、同じような質問を聞かれた印象です

ぼんちゃん

この章では、複数の施設から聞かれた質問を7つに厳選して紹介します。

また、その質問に対する回答例も合わせて紹介します。

質問①「介護職をやりたいと思ったきっかけを教えてください」


採用側は介護職を志すきっかけを聞くことで、応募者の仕事に対する熱意を見極めようとします

軽い気持ちで介護職に挑戦しようとしていないか、判断しているわけです

ぼんちゃん

質問①に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 介護職を志そうと思ったエピソードを伝える
  • 介護職で実現したいことを伝える


【回答例】

介護職を志した理由は、私の祖母が介護を必要としていることから、私も何か力になれないかと思ったのがきっかけです。
また、将来身内が介護を必要としたとき、力になれるんじゃないかと思い、介護職に挑戦しようと決めました。

「誰でも就ける仕事だから」というような軽い気持ちではないことをアピールしましょう。

質問②「前職を辞めた理由は何ですか?」


採用側は、応募者がすぐに辞めてしまうことを危惧しています。

前職を辞めた理由を聞くことで、「辞め癖」がないかを判断しているようです

ぼんちゃん

質問②に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 嘘をつかずにポジティブな理由に言い換える
  • 将来をどうしたいか、を付け加えるとGOOD


【回答例】

前職では自分が成長できないと悩んでいました。
そこで、自分の成長を考えたスキルアップを目指そうと決意して退職に至りました。
これからは、介護福祉士の資格取得も見据えて、スキルアップを考えたキャリアを目指したいと考えています。

「ネガティブな理由で辞めた」と伝えるだけだと、同じ理由ですぐに辞めてしまうと判断されてしまいます。

ポジティブな理由に言い換えることを意識しましょう。

質問③「高齢者との関わりは今までにありましたか?」


「高齢者は優しくて温かい」とイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

しかし、高齢者の中には個性が強く頑固な人がいたり、認知症の症状によって暴言を吐く人もいます。

採用側は、介護の仕事を通じて高齢者との関わりのギャップに耐えられるかどうか、を見極めています

ぼんちゃん

質問③に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 今までの高齢者との関わりについては正直に話す
  • 高齢者と関わることは簡単ではないことを理解しているニュアンスを伝える


【回答例】

祖父母と一緒に暮らしていましたが、身内以外の高齢者との関わりはあまりありませんでした。
ですが、認知症の高齢者や様々な性格の高齢者と積極的に関わりを持ち、介護職の楽しさと難しさを勉強していきたいと考えています。

「介護職の大変さも覚悟できている」というニュアンスを伝えられればGOODです。

質問④「ここの施設を選んだ理由は何ですか?」


採用側は、数ある施設の中でなぜ選んだのかを探ることで、応募者の仕事への熱意があるかどうかを見極めています

熱意がある応募者は施設について調べ尽くしている、と思われているわけです

ぼんちゃん

質問④に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 魅力に感じた特徴をいくつか挙げる
  • 施設で自分が実現したいことを明確にすると良い


【回答例】

HPを拝見したところ、利用者さんが楽しめるようなイベントや年中行事を積極的に行っていると知り、とても魅力に感じました。
日頃の介護も大事ですが、利用者さんの充実した生活にも配慮された理念に共感しました。
もしこちらで働かせていただけるのであれば、イベントの企画など、利用者さんが楽しめる取り組みを積極的に行っていきたいを考えています。

他の施設と比較して秀でている特徴を事前に調べましょう。

また、その施設で自分が実現したいことを伝えると尚良いです。

質問⑤「あなたのPRポイントを教えてください」


採用側はPRポイントを知ることで、求めている人物像と一致するかどうかを見極めています

自己分析ができているのかについても、見極められています

ぼんちゃん

質問⑤に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 長所に根拠があるとGOOD
  • 施設理念で求められている人物像とリンクさせる


【回答例】

私は前職でプロジェクトのリーダーをしていたので、周囲に気を配りながら行動できることを強みとしています。
介護職では常に利用者さんや一緒に働く職員に気を配った行動を取りたいと考えています。
また、利用者さんやそのご家族を大事にしている御社の理念に沿えるような仕事をしていきたいです。

仕事をする上で大事にしていることをPRポイントとしても良いですよ。

質問⑥「今までの仕事で嬉しかったことを教えてください」


この質問によって、「嬉しさ」を「仕事のやりがい」として感じられるかどうかを判断しているようです

仕事をする上で、うまくモチベーションを維持できる能力があるかどうかを見極めています

ぼんちゃん

質問⑥に対する回答のポイントは次の通りです。

  • 「嬉しさ」が仕事にどう影響したのかを伝える
  • 笑顔で話す


【回答例】

前職で営業をしていたのですが、新人の時からお世話になっていたお客さんから「貫禄が出てきたね」とお褒めの言葉を頂きました。
自分ではなかなか成長を感じることがなかったので、とても嬉しく感じたのを覚えています。
お褒めの言葉をいただいたことで、少しずつ成長しているんだなと、仕事へのモチベーションにつながりました。

このように、やりがいを持ちながら仕事ができるとアピールしたら、より良い回答になります。

質問⑦「他の施設でも面接を受けているところはありますか?」


この質問をすることによって、熱意を持って転職活動に取り組んでいるのかどうかを見極めています。

応募者が嘘をつかない人かどうかも判断しているようです

ぼんちゃん

質問⑦に対する回答のポイントは次の通りです。

  • たくさんの施設を受けている場合は「複数受けている」と、なんとなく伝える
  • 比較したいときは正直に伝える


【回答例】

こちらの施設以外にも2〜3箇所ほど受けております。
正直なところ、面接や見学をさせていただいた上で、いくつか比較して検討したいと考えています。

「こちらの施設しか受けていません」と答えると、本当かどうか疑われる可能性もあります。

もちろん、本当に1ヶ所しか受けていないのであれば良いのですが、複数受けている場合は正直に伝えましょう。

面接で重視するべきポイント


この章では、実際の面接で重視するべきポイントを紹介します。

ポイントは次の3つです。

  • 介護職への熱意
  • 嘘をつかない
  • ポジティブな姿勢

介護職は「誰でも採用される仕事」だと勘違いしている人がいます。

そのため、採用側は軽い気持ちで面接を受けていないかどうかを見極めようとします。

面接では「介護の仕事をする目的」や「介護職への思い」を伝えましょう!

ぼんちゃん

また、質問に対して、良い答えを出そうと嘘の回答をする人がいます。

しかし、話しているうちに嘘はいつかはバレますし、表情にも出てしまうでしょう。

そのため、嘘はつかず正直に答えるようにしましょう。

ネガティブな答えをポジティブに言い換えるのがポイント!

ぼんちゃん

【介護職未経験】面接で実際に聞かれた7つの質問と回答例【まとめ】


本記事では、実際に面接で聞かれた質問7つとその回答例を紹介しました。

これから面接を控えている人は、様々な質問を想定して、自分なりの答えを言えるようにしておきましょう。

答えをガチガチに決めすぎても「嘘っぽく」聞こえてしまうのでほどほどに!

ぼんちゃん
あわせて読みたい
【介護職】職場の選び方は?絶対に見落としてはいけない3つのポイント

続きを見る

あわせて読みたい
はじめての介護職に挑戦!「わたしの体験談」のすべて

続きを見る