重い観葉植物の水やりが簡単にできるアイテム

悩んでいる人

大きな観葉植物の水やりをした後、鉢を持ち上げて受け皿の水を捨てるのが大変…
何かいい方法はありますか?

こんなお悩みを解決します。

本 記 事 の 内 容

  • 水やりをラクにするアイテム紹介

本記事では、大きな観葉植物の水やりと移動が簡単にできるアイテム【無印良品編】をご紹介します。

この記事を読むことで、観葉植物を育てる手間が軽減できます。

水やりと移動が簡単にできるアイテム


大きな観葉植物の水やりと移動が簡単にできるアイテムは、無印良品の「排水できるプランタートレー」です。

基本情報は、以下の表にまとめます。

号数10号
本体サイズ直径33.6㎝ 高さ6.8㎝(キャスター除く)
耐荷重30kg
価格2,990円(税込)

他にも8号用の仕様もあります。

こちらは10号用のプランタートレーなので、私の家では無印良品のウンベラータ10号サイズを置いています。

10号の鉢を置くことが推奨されていますが、プランタートレーのサイズ内で、中心に穴が空いている鉢であれば、このプランタートレーはおすすめです。

移動が楽になる


裏側にキャスターがついているので、簡単に観葉植物を好きな場所に移動することができます。

実際にフローリング上で使っていますが、移動するときに床に傷がつくことはありません。

耐荷重を超える観葉植物を上に乗せることがなければ、床を傷めてしまうリスクは少ないと思います。

窓際に移動させて日に当てたいときに便利です!

ぼんちゃん

水やりが簡単にできる


このアイテムは、トレーに排水がたまるので簡単に水を捨てることができます。

トレーは下の写真のように簡単に取り出せる仕様です。

このトレーにたまる水を捨てるだけなので、重い鉢を持ち上げることで腰を痛めることはないですね!

腰の負担が減るのは本当に助かります!

ぼんちゃん

上の写真をご覧ください。

赤い矢印がさす部分は傾斜がついています。

赤い矢印の部分に排水が流れ、内蔵されているトレーに水がたまる仕組みになっています。

実際に使ってみた感想


このアイテムを手にするまでは、水やりの度に鉢を持ち上げて受け皿の水を捨てていました。

鉢が重たかったので、持ち上げる手間に心が折れそうでした(笑)

ぼんちゃん

このアイテムに出会って鉢を持ち上げずに済んだので、腰への負担がなくなり本当に楽になりました。

実際に鉢を置いている写真はこちらです。

見た目はシンプルなデザインなので、インテリアの邪魔にはなりません

ぼんちゃん

トレーの水は、10号サイズの鉢の場合、ジョウロで水やりを1回するといっぱいになります。

水やりをして、トレーに水がたまるまでは数時間かかります。

そのため、数時間後にトレーの水を捨てることをおすすめします。

まとめ


大きめの観葉植物を育てることは、重いなどの弊害があり大変に思ってしまいます。

今回紹介したよう排水できるプランタートレーを使えば、負担が少なくなりますよ。

アイテムひとつで快適な生活を実現しましょう!

他にもさまざまなプランタートレーがありますよ!

ぼんちゃん
あわせて読みたい
プランタートレーの選び方と厳選3アイテムを紹介

続きを見る